ブリエジャパン

当社商品に関する事やガジェット情報など、スタッフの気になる情報を紹介するブログです。

SoftBankのiPhone5 R-SIM10+でSIMフリー化してみました。【SIMフリー化】

      2016/04/05

読了時間 約 6 分です。

5simfree

先日のソフトバンク iPher6plus R-SIM10+でSIMフリー化の記事に引き続き、友人にSoftBank iPhone5お借りしてR-SIM10+でSIMフリー化してみました。

関連ソフトバンク iPhone6plusで格安SIMを使う R-SIM 10+ 設定方法【SIMフリー化】

SoftBank iPhone5 【R-SIM10+】でSIMフリー化

今回、試した手順をそのまま記載します。途中、失敗した箇所もあるので一発で成功したい方は、最後まで目を通してからお試しください。この手順通り進めると必ず失敗します。 キャリア ソフトバンク iOS バージョン 9.3 脱獄なし

5rsim1

まず、最初に「R-SIM10+(SIM下駄)」をセットします。写真左がSIMトレイSIMを乗せる側、右が裏側です、この様にセットしてください。

iOS APN(プロファイル) 設定 【R-SIM10+】

IMG_6616

wi-fi環境でFREETEL APN プロファイルをインストールします。

プロファイルはこちら

iOS FREETEL APN 設定ファイル  ios7以降

IMG_6584

今回も前回同様、R-SIM10+をセットし、FTREETEL SIM をセットしiPhone5にセットします。

iPhone5 【R-SIM10+】 設定

前回と同じ手順でSIM下駄+FREETEL SIMを挿入するとR-SIMの設定画面が表示されます。

IMG_6595

ここでは、ソフトバンク iPhone5なので【JP SoftBank】を選択します。

IMG_6598

上から2番目のTMSI.2G3G4Gを選択します。

IMG_6599

この画面が出てコール音が鳴れば了解をタップ手動で再起動します。

IMG_6591

再起動してもSIMが認識されていません・・・・ アクティベーションの画面が表示されホーム画面が表示されません。 前回のiPhone6plusの時は、アクティベーションが必要なかったのですが、今回はアクティベーションが必要なようです。

IMG_6613

ソフトバンクの解約SIM(アクティベーション用のSIM)を挿入し、再度同じ手順でR-SIM10+の設定作業を繰り返し再起動すると、今度はSIMなしではなく圏外になっています。いわゆる圏外病です。原因はモバイルデータ通信4Gのまま設定しておりました。 必ず最初はモバイルデータ通信4Gをオフにて設定してください。

圏外病になった場合はドコモ ガラケー最強です!!!

SIM下駄使用で圏外病になった場合!頼もしい味方はドコモガラケーです。

IMG_6590

nano SIM をSIM変換アダプターに載せドコモの古いガラケーP901iにそう装着し、パワーオン! やはりSIM変換アダプターも必需品です!!

IMG_6589

ドコモのスマホで電波を掴まそうとした時は、スマホにAPN設定が必要で手間がかかりましたが、ガラケーではSIMを入れて電源を入れるだけで一瞬で圏外病になったSIMの電波を掴みました。引き出しの奥で埃まみれだったガラケーが役立ちました。ドコモのガラケー最強です!!圏外病にはドコモのガラケー!!

IMG_6618

  ドコモのガラケーで圏外病を治した後、圏外が表示されていたiPhoneにSIMを挿入すると無事に3Gの電波を掴むことができました。 デザリングはクルクルマークで使用不可!その後、モバイルデータ通信4Gに切り替えて、機内モードに切り替えて再度元に戻すと圏外に。 その後、時間を置き、10回位、機内モードオンオフを繰り返しましたが、一度も圏外になりません。 しかし、4Gで機内モードオンオフをすると一回目で圏外病になりました。その後、ガラケーで電波を掴み、10回位、4Gで機内モードオンオフを繰り返しましたが無事に4Gの電波を掴みます。 電源のオンオフも5回位3Gで繰り返しましたが、一度も圏外病になりません。しかし、4Gでオンオフを繰り返すと5回に1回、圏外病になっちゃいました。

まとめ

今回は、SoftBank iPhone5での検証でしたが、やはり圏外病は必ずやってきます。 【FREETEL SIM】【R-SIM10+】の組み合わせ限定なのかもしれませんが、圏外病対策にはドコモのガラケーが必需品です。 回線速度に関しては、私の環境で4Gで下りが20Mbps程度、上りが8Mbps程度6plusと同じような結果で普通に運用可能です。3Gでは、上りが5Mbps程度、下りが0.5Mbps程度(4G,3G共5回測定の平均) 通話に関しては、6plus同様、着信のコールが鳴る、もしくは発信ボタンを押した瞬間3Gに切り替わります。FREETEL SIMの仕様がそうなのか不明ですが、必ず通話は3G回線に切り替わります。 今回の検証で、前回は不要だと思いましたが、R-SIM10を使用するにあたって、アクティベーションSIMを必需品として追加したいと思います。私は、SB解約済みSIMを使用しました。

↓↓必需品↓↓

【R-SIM10+】【アクティベーションSIM】【SIM変換アダプター】【ドコモガラケー】

         

 - iPhone, 格安SIM , , ,